まずは、送料の割引方法変更に至る経緯

今日はタイトルの通り、
大切なお知らせがあります。🎶

よくご存じの通り、昨秋の運送会社の大幅運賃値上げで、
やむを得ず当店の送料もアップとなり💦
皆様の送料ご負担が重くなってしまいました。😥

よそのお店より送料高いし、送料無料もないし、
でも、どうもがいても運賃は下がらない。😂

注文は減ってしまうだろうな~😂
どれだけ良い花苗をきちんと手入れしてお届けしても。

そんな、これからどうなる事か・・・
との心配とは裏腹に、
値上げ後も変わらず沢山のご注文を頂き、
本当に本当にありがとうございました。💖

でも、密かに悩みは尽きず。。。
もうすぐ1年です。

逆にお客様から
「他店では同じ花苗(生産者オリジナルの品種)が
1株あたり100円、いえ時には200円高く販売されて
いたりするので、それを5株買えば1000円の差!
風散歩さんは送料無料がないけれど、同じことですよ。
いえ、逆に安いのでは? 風散歩さんの苗はいつ注文しても
しっかりした株だから。」
なんて心強いメールも頂いています。😍
本当にありがたいです~💕

実はそうなんですよね~
送料分を商品代金に上乗せして
「送料無料ですよ~!」とする方がお客様は
喜んで下さるのかな~とも考えます。

でも、それはやっぱり違うんですよね~
どうしてもそのやり方は私の中で消化できなくて。😥

そして、この1年を振り返って、
当店で実施している「お買い上げ金額による送料の割引き」
という、そのシステムの問題点も発生しておりました。

いえ、システムとは言っても
実際は私がお買い上げ金額を確認してお値引き金額を
手入力しているだけのことなんですが。(笑)

手入力の手間が問題なのではなく、クレジットカード決済で
ご注文下さったお客様の決済金額変更の手続きがねぇ~💦

金額変更手続きが完了すると、ご注文時と同じ
【風散歩】クレジットカード決済受付のお知らせ
という件名でのメールがお客様にもまた自動送信されます。
1回しか注文していないのになぜまたメール!?
と驚かれるお客様もいらっしゃいますよね。

非常に紛らわしいのですが、このメールはあくまで
カード会社が「このカードで決済受付できますよ~」
という承認メールなのです。
注文確定(当店がカード会社に請求を起こした)のではないので、
この後に私が「決済」というボタンを押さない限り
お客様に請求もいきませんし、カード会社から当店に
支払われることもありません。

ご注文時に承認されたクレジット決済の金額が変更に
なった場合、最初の承認をキャンセルし
再度変更後の金額で承認してもらわなければならないのです。

現状、クレジット決済でご注文下さって、送料割引対象となる
ご注文が非常に多く、この手続きとメールの多さに
私自身うんざりしています。

どうしてもまとめてその変更手続きをする事が多く、
何度もリピートご注文下さったお客様には、
続けてそのメールが届いてしまい、何事かと思われことも。

そこで、9月より送料の割引については、「お値引き」ではなく
会員ポイントで還元させて頂く事にしました。

送料300円割引は、300ポイント付与というように。
実際にはお買い上げポイント(1%)と合算したポイント数を入力
することになります。

私の手入力の手間は同じですが、カード会社とは関係ないので、
手続きが煩雑ではありません。
何度でも変更可能です。😁
追加ご注文分との合算での送料割引も対応できますしね。

ただ、一旦はそのままの金額(送料)でお支払い頂くことになります。
その点だけご理解頂ければ幸いです。
また、会員登録されずに、
もしくは会員登録済みでもログインされずに
ご注文下さった場合は、送料還元ポイントが付与できません。
(この件につきましても再度詳しくご説明しますね)

逆に、会員登録をしたくない方や
その1回しか買い物する予定がない方は、
非会員のままでのご注文も承りますが、お買い上げ金額による
送料の割引はございません。ご了承下さい。

なお、在庫切れでのキャンセルやお届けした商品に不良等があって
の返金などは、今まで通り会員、非会員に関わらず、
すべて金額変更で対処させて頂きます。
ポイント付与というのは、サービスの一環ですので、当然ですが。
どうぞご安心下さいね。

この件に関わって、9/1より会員特典及び送料割引について
何点か変更事項があります!
実は、割引金額も少しアップします。
頑張りました(笑)いえ、頑張ります👍

次のブログでは、 変更点だけを記載しますね。
そっちの方が大切✨
必ずチェックなさって下さいね。😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください